» 2017 » 6月のブログ記事

引っ越しがどんなに嬉しくても、あまり張り切って早くから荷造りすると引っ越す前に再度段ボール箱を開ける羽目になることがあります。張り切って荷造りする気持ちはいいのですが早すぎてもうまくいきませんよ。せっかくきれいに詰めたものを取り出してまたガムテープでとめてを何度も繰り返すのはばかばかしいです。


ガムテープは一度剥がすと同じものを使えませんよね・・・。同じものが何度も使えるなら問題ないけれどそうではないので気をつけたいところです。再度取り出さなくてもいいように季節外れの衣類などは引っ越しが始まる1~2週間前くらいから箱詰めするといいでしょう。1~2週間前ならやっぱり必要だとかどうしても着たいとかそういうことはないはず。もしあったとしてもこのくらいの期間なら我慢できるでしょう?

できれば休日を使ってゆっくりと。のんびりゆっくり、一つ一つ埃をはらったり虫に食われている箇所がないか確かめながら箱詰めするといいですよ。カビが生えていたり虫に食われている衣類は思い切って捨ててしまうと荷物が減ります。家族の衣類を一点一点見直す良い機会だと思ってやってみましょう。傷んだ衣類はこういうチャンスに捨てればいいのです。

一人暮らし 引越し ベッド 料金の節約方法とは?

 

いつ引っ越しが決まっても慌てないように、日頃から不用品を処分したり整理整頓を心がけています。私はそそっかしいしいろんなことを一度に処理できないので、引っ越しの予定がなくても荷物の整理整頓はかかせません。自分の服だったら3年ほど着ていないものは潔く処分します。

処分の方法もいろいろで・・・。最近はフリーマーケット利用が定番です。高級ブランド服だとそういうもの専門で査定してくれるところへ持って行き売ってしまいます。あまりにも安く買いたたかれそうな場合は友人に譲ったり欲しがっている人に譲りますが、ある程度の金額を提示されたら売ってそのお金は貯蓄します。微々たるお金でもコツコツ貯めるとまとまったお金になりますよ~。

こうやって荷物の整理整頓をしながら家の中に何があるか確認をします。自分の持ち物は完璧に、旦那や子供達の持ち物は徐々に必要なものだけ残すようにします。学校を卒業して必要なくなった子供達の制服は欲しがる人が多いので譲ることが多いですよ。そうするとだいたい感謝されてお礼をもらえるので惜しくはありません。

もったいないもったいないとものをため込んでいると引っ越すとき大変なので、譲れるものは気持ちよく譲っています。